炊飯器にご用心!!!

 炊飯器の吹き出し口からは、高温蒸気が噴出します。高温蒸気は非常に高い熱エネルギーを有しており、小児がここに手をおくことにより熱傷を受傷する場合があります。この熱傷は、1歳未満の乳幼児が圧倒的に多いのが特徴です。この場合、受傷直後の見た目より意外に深いや熱傷を受傷していることが多く、傷が治るのに長い期間(2週間〜1ヶ月以上)を要することがあります。また、傷が治った後に、手指のひきつれをきたすことがあり、これに対しては手術を必要とすることが多いので注意が必要です。
 手術は、手を大きく拡げることができるようにするため、皮膚を移植する必要があることが殆どです。掌の皮膚は体中の中でも特別な色調や構造をしており、他の部位から移植された皮膚では色調が異なり、ひきつれがとれても傷跡が目立つ場合がります。
 先ずは、小さなお子さんの手の届く場所に電気炊飯器を置くのは止めましょう。また、もしお子さんがこのようなやけどをしてしまった場合は、十分水道水で冷却・洗浄した上で熱傷の専門施設を受診しましょう。

 
 


炊飯器による熱傷により生じた
左示指・中指・環指のひきつれ
(瘢痕拘縮)



Copyright © 東京都熱傷救急連絡会 All rights reserved.